海外就職

ヨーロッパ就職におけるインタビューのポイント

CVをしっかり、作成し無事に書類選考を通過したら、次はインタビューです。

ヨーロッパ転職といっても、インタビューの流れは日本の転職活動とそこまで変わりません。

ただ、欧州ならではのポイントもあります。転職に欠かせないインタビュー特徴についてまとめてみました。

ヨーロッパ就職:インタビューの基礎通常の転職活動と同じく、欧州でも書類選考を無事通過するとインタビューに呼ばれます。 書類選考に通るということは、会社に「話をしたい...
ヨーロッパ就職:就職活動のスケジュール感欧州で仕事を見つけるには時間がかかります。 しかし、個人的に一番時間がかかるのは応募できる求人に出会えるまでだと思っています。マッ...

 

ヨーロッパ域内での経験

ヨーロッパは欧州域内での経験(学歴や職歴)を重視している気がします。そのため、ヨーロッパで一度も働いたことのない人が、初めてヨーロッパで仕事を見つけるのは難しいと言われています。

一方、一度仕事を見つけることができれば、そこからの転職はそこまでハードルが高くないと言う人も多いです。この理由は、地域の特性が理解できていることと、ある程度言語力が上がっているからじゃないかと個人的には考えています。

ヨーロッパで働きたい人はヨーロッパ圏内に留学する、インターンをする、ワーホリをするなど何かしらヨーロッパ内の経験を積んでおいた方が良いと思います。

ヨーロッパ域内での経験の例
  • 留学する
  • インターンをする
  • ワーホリで働く

 

「その国」で働きたい理由

ヨーロッパといっても本当にいろんな国があります。外国人である日本人が「海外で働く」ことを選ぶとき、「なぜ?」と疑問に思う人もそれなりにいます。

もちろんヨーロッパでは国をまたぐ転職はよくある話なので、国を超えての転職活動について疑問に思う人はそんなにいません。

しかし、わざわざ日本人がヨーロッパで働きたい理由はしっかり答えられるように準備しておくことが大切です。

単純にその国が好きだからという理由であっても、面接ではある程度ビジネス要素を含めて説明できるようにしておきましょう

 

現地語やその他ヨーロッパ言語の語学力

ヨーロッパには複数言語話せる人が本当にたくさんいます。母国語&英語に加えて、さらに数言語話せる人も少なくありません。

たとえ会社の公用語が英語であったとしても、複数言語を話せることは大きな強みになります。英語と日本語以外にも話せる言語があるのであれば、積極的にアピールしましょう。

また、インタビューを受ける会社の母国語で挨拶をするのも、インパクトという意味では有効だと思います。

ちなみに私は未だに英語&日本語です。。もう一言語やっていますが、なかなかビジネスレベルには程遠いです。

ヨーロッパのインタビューであっても、質問などは日本とそこまで変わりません。しかし、日本以上にアピールが大切だと思うので、しっかり準備をして臨みましょう

ヨーロッパ就職:CVにおいて注意すべき3つのポイント海外で求人に応募するためにCVは必須です。 今回はヨーロッパで働くことを目指す人がCVを書く上でポイントとなることをまとめてみまし...
MBA留学や海外就職に欠かせないCVの基本 MBA留学で最初にチェックされる書類も、海外転職の際に必須な書類も、CVです。 ここではMBAや海外転職を目指す人と切り離せないC...