海外就職

ヨーロッパ就職を目指して日本でできる転職活動

最近は海外就職も選択肢の一つという感じになりつつあります。

ただ、ヨーロッパでの就職を目指す場合は、「日本でのキャリアをある程度積んでおいた方が何かと有利」だと個人的には思っています。

すでに海外で通用するスキルを身につけている人は別ですが、過去の私のように、海外や英語に縁のないような仕事をしている場合は、海外就職に向けた転職も一つの手段です。

私は日本で転職していますが、もし転職せずに新卒入社の会社にずっといたら、「ヨーロッパで働く」という今の生活はありえなかったと思っています。

今回は、ヨーロッパ就職を見据えて、日本でできる転職活動についてまとめてみました。

ヨーロッパ就職を目指すために日本でできること最近は海外就職も選択肢の一つという感じになりつつあります。 ただ、ヨーロッパは経験を重視する傾向があるので、ヨーロッパ就職を目指す...

日本でのキャリアとヨーロッパの就職活動

ヨーロッパの就職活動で重視されることは「職歴」です。

ヨーロッパの人々の英語力は本当に高いので、英語力という面では正直全く勝負できません(苦笑)。そのため、現地の人では足りない職歴(スキル)を武器にする必要があります。

残念ながら「The 日本企業」1社のみに長くいると、日本(またはその企業)でしか使えないスキルしか身につかないという話は結構あると思います。

定期的に転職エージェントと連絡をとり、海外でも評価される職歴・スキルを身につけられるよう自分自身をアップデートすることはとても大切です。

そして今の環境でスキルが身につかないと思われる場合は、なるべく早く転職をしましょう。

海外就職はビザ問題もあるので、いつ外国人の雇用状況が変わるかわかりません

「いつか」と思っていると突然ビザが厳しくなることもあり得るので、ヨーロッパ就職を目指すのであれば、できるだけ早く動くことをおすすめします。

ヨーロッパ就職を目指すために必要な3つのスキル最近は海外就職も選択肢の一つという感じになりつつあります。 特に東南アジアやインドなど成長段階にある市場や、日本に物理的に距離が近...
就労ビザの取得が難しい理由と対策海外で働いてみたいと思う人は多いと思います。その最大の難関となるのが「ビザ」です。 よく言われることですが、すでにビザを持っている...

 

おすすめ転職エージェント

ヨーロッパ就職に向けて、今の職場でスキルが身につかない場合はできるだけ早く転職しましょう。

どこに登録すればいいのかわからない。。という場合はまずは以下の2社に登録してみることをおすすめします(登録はいずれも無料です)。

私は最初の転職活動で、エージェントに登録しすぎてよくわからなくなってしまったので(苦笑)、少しずつ始めるというのもアリだと思います。

リクルートエージェント

誰もが知っているリクルートの転職エージェント。圧倒的な求人数を誇ります。

また、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれますし、全国の拠点で面接対策などの無料セミナーを開催しています。

とりあえず何か登録したいという人にはおすすめです。

転職ならリクルートエージェント

 

DODA

リクルートと並ぶ有名転職エージェント。

リクルートに比べると求人数は少ないですが、その分、履歴書や職務経歴書などのサポートが充実しているのが特徴です。

適正年収をチェックする「年収査定」、強みや仕事スタイルを分析する「キャリアタイプ診断」など独自ツールもあります。

サポートが手厚いので、初めての転職活動にはオススメです。

転職ならdoda

 

私はどちらにも登録していましたが、最終的にはDODAを活用していました。カウンセラーとの相性もあるので、どちらも登録してみると良いと思います。

ヨーロッパでの就職活動は職歴がとても大切です。

経験社数が少ないと何かと視野も狭くなりがちですし、海外でも通用するスキルを身につけ、自分を客観的に見るためにも、定期的な転職活動はおすすめです。